読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたしの夢

久しぶりにブログ書いてます

 

最近、仕事が忙しくて・・・つい寝てしまい!気付くと朝何てことも・・・

睡眠一番

 

今日は、あたしの夢について語ってみようかと思ってます。

夢は、大きく なんて聞きますがあたしの夢も相当大きな夢です!

 

マイホームを持つこと

 

実は、結構前から思っていたことで・・・

”一度きりの人生やりたいことをやって悔いの残らないように” といつも思って生活してます

 

住宅の見学会とか行くの結構好きです

 

自分のための自分で考えた理想の家、建てたいです!

 

そうなってくるとお金がないとマイホーム建てられないですよね・・・

 

宝くじ買ってます

いつか、宝くじが当たって理想のマイホームが建てられる日が来ること・・・

願ってます

 

イライラの原因

イライラの原因

 

毎日の生活の中にイライラすることって人それぞれですよね。

自分は、どちらかというとイライラする方だと思う

すぐに怒り口調になって言葉にだしてしまう

 

よくないと分かっていてもそう簡単には、直すことも出来ない!

 

イライラについて調べてみた

イライラの原因

それは、自分が思っているように相手が行動してくれないこと!

こうやってほしいと思っているのに、いつまでたってもやってくれないこと!

 

そういう時に、イラッとくる

 

だから、あまりこうしてほしいとか?決まり事を増やすことをやめることにしてみようと思う。

ささいなことで怒ってる自分が嫌いだ!!

 

多少の我慢も必要だ

いい加減 いい大人になりたい

心の広い人・・・あこがれるわー

家族ノカタチ

1年前のこの時期にやっていた連続ドラマ

「 家族ノカタチ 」

を見ている。

久しぶりに感動した!

号泣した!

 

改めていろいろ考えさせられたドラマだった。

ひとりが好き・・・

その気持ち分かる。自分もそうゆうタイプの人間だから!よく分かる

でも、いざひとりになったらどう思うのかな?

ひとりは寂しい?

「 一人より二人、二人より三人 」

ドラマの中で言ってた言葉・・・考えさせられる

 

一人の時間も大切

誰にも邪魔されない時間 ← 絶対に必要だと思う

家族それぞれのカタチ

 

いろんなこと考えてしまう

冷静に物事をみることができるようになる。

 

永遠の課題だ

 

 

 

 

3日ぶりのブログ

3日ぶりです!

 

最近、仕事が忙しく帰りが遅く・・・

帰ってきて家のことやったらもう疲れて気が付いたら寝てての毎日で気が付けば朝!

でブログ3日もサボってしまった。

 

金曜日の夜、明日が休みだったらいくらでも夜更かしできるし、明日の朝だってゆっくり寝ていられるのに・・・

また明日も休日出勤だ!

体がだるい、週末は疲れもピークだ!

 

でも、仕事やらなければならない。

結局、やらなければ自分がつらくなるだけだから・・・

 

甘ーいカフェオレ飲んでから明日に備えて今日も寝ます

おやすみなさい

 

こだわり

シャンプー、コンディショナー

 

あたしは、中学校2年の時からずっと同じシャンプー、コンディショナーを使っている。

”自分には絶対にこれが合う”

何度か別のに変えてみようとしてみたことがあるけど・・・

結局同じシャンプーに戻ってしまい ずーっと今使っているシャンプー、コンディショナーを使っています。

誰でもこだわりってあると思う!

あたしの中での一番のこだわりはやっぱりシャンプーかな?

でも、使い続けてもう20年以上たつ・・・

どんどん売っているお店も減ってきていて、実は困っています。

休日のひととき

休日にゆっくりと連続ドラマを録画しておいたのを見ながら過ごすのがあたしにとって、とてもくつろげる時間です

 

皆はどんな過ごし方してますか?

 

あっという間に時間がたってしまいます

この時間がもっと作れれば良いのにと思います

 

休日は、一日もあっという間に終わってしまいます

ゆっくりのんびり過ごしたい!

いつもそう思っています

 

でも、何かと忙しくてゆっくりと過ごすことができず、だからもっともっと時間が欲しいと思ってしまう

 

余計なことを考えずにテレビを見ている時間・・・幸せです!

 

こうゆう時間が大切だと言えます

 

卒業

卒業

 

そろそろ卒業式シーズンですね (^.^)

 

家の子も、来月卒業式です

早いもので、一ヶ月なんてあっという間に過ぎてしまうでしょう

 

まだ実感はわいてきませんが、これから一ヶ月じわりじわりと実感がわいてきそうです

涙もろいので、絶対に卒業式は泣いてしまうだろう